2013年4月1日

テレビ大阪システム、ロゴタイプおよびロゴマークを刷新

 2013年4月1日、株式会社テレビ大阪システム(本社:大阪府大阪市中央区 代表取締役社長:北浜義信)はロゴタイプとロゴマーク(以下、総称としてロゴと表記)を刷新いたしました。
 本日以降、弊社の名刺・封筒などあらゆる媒体でコーポレートアイデンティティとして活用してまいります。

 あたらしいロゴは「地道な努力を積み重ね、果敢な挑戦で新たな業務に挑戦する」という弊社の経営理念・スローガンを体現するものとして社内に発足したプロジェクトチームを中心に全社員が参加して策定いたしました。
 またビジュアルデザインについてはインターネットのアウトソース(ソーシャルソース)を活用して社外のデザイナー様との協業により産み出されました。

 2012年7月に設立15周年を迎え、今後も関係各位様と共にさらなる発展を目指す弊社の姿勢を体現するものとして新しいロゴともども、弊社への変わらぬご愛顧をお願い申し上げます。

社名ロゴタイプ

社名ロゴタイプの画像

 あたらしいロゴタイプは経験と努力の蓄積による安定感・信頼感の体現を目標として策定されました。
 広めの文字間隔による視認性の向上を狙い、セリフ(ハネ・ヒゲ)のないストレートな線で質実剛健さと正確さを、なだらかな曲線で蓄積された経験がもたらす将来性と可能性そして臨機応変さを表すものとして方向づけました。

ロゴマーク

ロゴマークの画像

 あたらしいロゴマークには2つのメッセージを込めました。 ひとつは未来への発展に向けた弊社の「進化」、もうひとつは継続してきたこれまでの業務経験と得られた技術・知識のさらなる「深化」。
 弊社の愛称でもある「TS(ティーエス)」のTとSの字をモチーフにしつつ、両文字の間には弊社の経営理念でもある「地道な努力を積み重ね、果敢な挑戦で新たな業務に突き進む」を体現するシンボルとして矢印を配置いたしました。

あたらしいロゴになっても変わらないもの

 弊社はこれまでも・今も・これからも、テレビ放送業務をサポートするスペシャリスト集団として発展しつづけてまいります。